さまざまな飲み方

コーヒーは熱湯で抽出されることが多く、抽出されたそのままを、あるいは温め直されたものがホット・コーヒーとして飲まれる。夏場などには、専用に濃く抽出したコーヒーを冷やしてアイス・コーヒーとして飲まれることも多い。 抽出されたコーヒーに何も加えずそのまま飲むものをブラック・コーヒーあるいは単にブラックと呼ぶ。多くの場合は、これに砂糖とクリームなどの乳製品を別に添えて出されることが多い。この場合、砂糖(グラニュー糖、白砂糖など)やクリームは飲む人が自分の好みに応じて加える。「コーヒー通は専らブラックで飲む」という説を唱える人もいるが必ずしもそうとは言えず、むしろ本人の嗜好による。 なお、砂糖を加えないもののみをブラックとするのは、日本の用法である。英語でblackとは単に乳製品を加えないことをいい、砂糖の有無は問わない。 また、上記した以外にも、牛乳やアルコールなどを加えて飲まれることがある。これらはバリエーション・コーヒー(アレンジ・コーヒー)と呼ばれる。エスプレッソやダッチ・コーヒーなど特殊な淹れ方をするコーヒーも、最も普及しているドリップ式のコーヒーと区別する目的でバリエーション・コーヒーに含めて述べられることが多い。

カフェ・オ・レ/カフェ・ラッテ

カフェ・オ・レ(フランス語:cafe au lait)は、フランスで好まれるコーヒーの飲み方。"cafe"はコーヒーのことであり、"au"は前置詞"a"+男性型単数形定冠詞"le"の縮約型であり、"lait"は牛乳のことである。英語に直訳すると"coffee with the milk"となり、日本語に直訳すると「牛乳入りコーヒー」となる。 淹れ方には二種類ある。 濃く入れたコーヒーと熱い牛乳同量を、大き目のカップに同時に注いだもの。持ち手のないカップ(カフェ・オ・レ・ボウル)で供されることが多い。 エスプレッソを淹れ、同量のやや薄い温めた牛乳と混ぜたもの。 フランスの家庭では主に1.の形式で朝食時に供され、大きめのカップはパンをカフェ・オ・レに浸して食べるのにも向いている。飲食店では主に2.の形式で供される。日本では1.と2.を区別するため、1.をフランス語でカフェ・オ・レ、2.をイタリア語でカフェ・ラッテと表記することがある。 カフェ・ラッテ(Caffe Latte)は「コーヒー・牛乳」と言う意味のイタリア語。より正確には「カッフェ・ラッテ」となるが、イタリア語ではカッフェッラッテ(Caffellatte)と続けたり、カッフェ・エ・ラッテ(Caffe e Latte:「コーヒーと牛乳」)とも言う。イタリア・ヴェネツィアにある喫茶店カッフェ・フローリアンが発祥の地。日本では以前は「カフェラッテ」の表記も見られたが、スターバックスに代表されるアメリカ式のカフェバーが浸透し始めるとともに「カフェラテ」というアメリカ式の発音表記も多く使用されるようになった。 イタリアではコーヒーと牛乳を混ぜていればカフェ・ラッテであるが、コーヒーは一般的にエスプレッソ形式で供されるので、カフェ・ラッテもエスプレッソ+牛乳の組合せである。日本でもエスプレッソを用いたものを「カフェ・ラッテ」と言い、カフェ・オ・レと区別している場合が多いようである。 また、スターバックスやドトールコーヒーなどではスチームミルク(蒸気で泡立てたミルク)を用いたものを「カフェラテ」と呼んでいるが、このようなものはイタリアではカップッチーノと呼ばれる。これを「カフェラテ」とするのはアメリカ式の呼び方である。ドトールコーヒーも以前は単にミルクを加えたのみのイタリア式で名称も「カフェラッテ」であったが、後にアメリカ式となった。

エスプレッソ/ダッチ・コーヒー

エスプレッソ (espresso) は、コーヒーの一種で、イタリアやフランスではもっともよく飲まれるコーヒーである。風味が濃い、こくのあるコーヒーで、イタリアで Caffe といえば、普通これをさす。 エスプレッソマシンという専用の器具を用いて、深煎りの微細に挽いたコーヒー豆をカップ型の金属フィルターに詰めて、9気圧の圧力と約90℃の湯温で20から25秒の抽出時間で約1オンス(30 ml)のコーヒーを抽出したもの。普通のコーヒーカップの半分ほどの大きさのカップで供されるため、デミタス(demiは半分,tasseはカップの意)とも呼ばれる。コーヒー豆を7 g使用したものをエスプレッソと言い、14 g使用したものはドッピオ( doppio、ダブルの意味。double espresso )と呼ばれる。また、エスプレッソを15 mlまで淹れたものはリストレット( ristretto、「制限」の意味)と呼ばれ、ウィークコーヒーの元になる。豆の焙煎が強いのでカフェインは揮発し、抽出時間も短いことから、カフェインの含有量はドリップコーヒーに比べて少ない。 ダッチ・コーヒー (Dutch Coffee) とはお湯ではなく、水で抽出するコーヒー。戦前のオランダ領では苦味やえぐ味の強いロブスタ種(「種と栽培品種」を参照)のコーヒーが栽培されていたため、水による抽出法が考案されたと言われている。カフェイン等の刺激成分が少なく飲み口が良いが、深いコクがあり、酸化もしにくい(冷蔵庫での保存がきく)などの特徴がある。水をコーヒー粉に点滴するガラス器具も市販されているが、ガラスポットに粉と水を入れて冷蔵庫に一晩おいてろ過しても良い。なおコーヒー豆はフルシティロースト(「焙煎」を参照)以上の深煎りでないと、酸味ばかりで旨味のないコーヒーになってしまう。

アイリッシュ・コーヒー

アイリッシュ・コーヒー (Irish Coffee) とは、ウィスキーベースのホットカクテルでコーヒー、砂糖、生クリームの入った甘めのカクテル。体が温まるため、主に寒い時期に好まれる。 アイルランドで旅客機の乗客のために1942年に創案されたカクテル。考案者はジョー・シェリダン。 第二次世界大戦前の1930年代に飛行艇を使った大西洋横断航空路ができたが、当時のプロペラ飛行艇は気密構造ではなく、暖房があまりよく効かなかった。そのうえ飛べる距離も短く、経路の途中で燃料補給にアイルランド南西部の港町・フォインズに寄り道しなければならなかった。 そこで燃料補給の待ち時間を利用して、飛行中に寒い思いをした乗客に体を温めて貰おう、という心遣いから、アイルランド名物のアイリッシュ・ウィスキーをベースとしたこの「燃料」が考案されたという。

カプチーノ/ウィンナ・コーヒー

カプチーノ(イタリア語:cappuccino)は、イタリアで好まれているコーヒーの飲み方の1つで、陶器のコーヒーカップに注いだエスプレッソに、クリーム状に泡立てた牛乳を加えたものをいう。イタリア語の本来の発音は「カップッチーノ」に近い。好みによってシナモンやココアパウダーで風味付けすることもある。 カップッチーノ(カプチーノ)という言葉は、元来はカトリック教会の一派であるカプチン会の修道士のことを指し、彼等が着るフードのついた修道服、カップッチョ(cappuccio 「頭巾、フード」の意)にちなむとされる。イタリアでカプチーノはカップッチョとも呼ばれている。より具体的には、カプチーノの茶色が修道士の服の色と似ていたから、という説や、エスプレッソに浮かんだミルクの泡を蓋に見立てたから(cappuccio には「蓋」の意味もある)という説、さらに白い泡をコーヒーが囲む様子が、頭頂部のみを剃髪した修道士の髪型に似ているから、という説もある。 ウィンナー・コーヒー (Wiener Kaffee) は、オーストリア発祥のコーヒーの飲み方のひとつ。 メランジェ「ウィンナー(ヴィーナー)」とは「ウィーン風の」という意味。漫画などで時折誤解されるような、ウィンナーソーセージが付いてくるコーヒーのことではない。 日本では、濃く淹れたコーヒーにホイップクリームを浮かべたもの、またはカップに入れたホイップクリームに熱いコーヒーを注いだものがこう呼ばれるが、ウィーンには「ウィンナー・コーヒー」という名称のコーヒーは存在しない。ウィーンの人々が日常的に多く飲んでいるのは、エスプレッソと温かいミルクを加えた上にミルクの泡を乗せた「メランジェ」(Melange、フランス語で「混ぜる」の意)という種類で、カプチーノとほぼ同じものである。ただし、メランジェのミルクの泡の代わりにホイップクリームを乗せた「フランツィスカーナー」(Franziskaner) と呼ばれるものが、日本でいうウィンナー・コーヒーに近い。 この他、似たものに「アインシュペナー」(Einspanner、一頭だての馬車の意)や「カフェー・ミット・シュラークオーバース」(Kaffee mit Schlagobers) などがある。アインシュペナーはコーヒーにほぼ同量の生クリームが乗っていて、カップではなくグラスに注がれている。カフェー・ミット・シュラークオーバースは、コーヒーカップとは別の器に砂糖をかけたホイップクリーム(シュラークオーバース)が添えられている。 オーストリアは地方によってもコーヒーの呼び名が違い、また、コーヒーや入れるミルクの状態などによっても名前が変化する。たとえば「フェアレンゲルター」(Verlangerter、「薄めたもの」の意)と呼ばれるミルク入りのコーヒーがあり、さらに温かいミルクを若干多めに入れた「ミルヒカフェー」(Milchkaffee) がある。 出会い

無料のレンタルサーバー sutpin.com